FC2ブログ
アルファーミュージックの講師が、レッスンや音楽、その他いろいろなことについて気ままに語ります。
練習は本番のように、本番は練習のように
2015-02-18 (水) | 編集 |
題名の言葉は、以前TVで誰かが言っていた言葉です。

発表会を約10日後に控えた今、生徒さんに贈りたい言葉ですし、また自分にも言い聞かせています

曲がだんだん仕上がってくると、ちょっと演奏が雑になってきたりしますが、この時期は舞台で弾いていることを想定しながら緊張感を持たせて練習するといいですね。

だいたいの生徒さんが曲も仕上がりつつあるので、今週からは、教室を舞台と見立てて、そでから歩いてきて、おじぎをして椅子にすわり、演奏して、終わったらまたおじぎ、そでに帰る、という一連の動作と共に弾いてもらっています。

そうすると、いつもより緊張した気分になり、思わぬところで間違えてしまったり。。

そういうところは本番でも間違えやすいところなので、念入りに練習しておきましょうね

一連の動作と共に何度も練習しておくと、本番でも練習の時のように弾けるはずです

がんばりましょう



コメント:
この記事へのコメント:
コメント:を投稿する
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック:
この記事のトラックバック URL
この記事へのトラックバック: